海外fxでセミリタイア

ハイレバレッジでの取引が可能な海外fxでセミリタイアを狙うブログ

海外fx サイト

海外fxのサイトは、今や日本語対応していないサイトを

見つけることの方が難しく感じるほどに、

今では日本語対応が当たり前になってきていますね。

 

なので、英語に自信が無くても海外fxブローカーに

口座を開設して、トレードすることが簡単にできる

様になっています。

 

これから海外fxへ口座を開設してトレードを

始めようと思っているは、是非チャレンジして

みて下さい。

海外fx アービトラージ

アービトラージとは両建でポジションを持つことにより

損失をなくすトレード手法で、理論的には負けない

手法と言われています。

 

しかし、海外fxの多くはこのアービトラージによる

手法を禁止している所が多いです。

 

一部については容認していますが、

かなり限定的な縛りの上で運用が求められています。

 

海外fxでアービトラージを検討している方は

やる前に確認してから行うようにしましょう。

 

事前確認をしないで行うと、思わぬペナルティー

課せられる場合があるので注意しましょう。

海外fx クレジットカード

海外fxへの入金で一番手軽で便利な入金方法は

やはり、クレジットカードからの入金では

ないでしょうか。

 

アカウントへの反映も即時反映となるので、

急いで入金したい時など、とても重宝する

入金方法だと言えるでしょう。

海外fx デメリット

海外fxと国内fxを比べてみた時、

一番のデメリットと私が感じる面は、

 

やはり税金の税制についてですね。

 

国内fxで得た利益は一律20%の税率なのに対して

海外fxは塁審課税が適用されるので、稼げば

稼ぐほど税率が高くなっていきます。

 

年間で4,000万円の利益をあげた場合は

55%(住民税込み)の税率となり、

利益の半分をもっていかれることになります。

 

これって悲しいですよね~

 

税率が国内fxと同じになるのは

年間利益が190万円~330万円以下の場合に

同じになるので、それ以上の額を稼げるようになったら、

国内fxでトレードするのもアリと考えています。

 

海外fx 1万円から

海外fxへの入金に掛かる手数料は

基本的に無料となっていますが、

1万円以下の額を入金する場合は

手数料が発生するところもあります。

 

ですので、入金する時は余計な出費が

出ないように1万円以上の額から入金するのが

良いでしょう。

 

ある程度まとまった額の入金が

おすすめです。

海外fx レバレッジ 1000倍

海外fxではレバレッジ1000倍でトレードが

できるブローカーもあります。

 

よくハイレバレッジでのトレードは危険と

言われていますが、ゼロカットを採用している

海外fxのブローカーなら、ハイレバでの

トレードが危険だとは思いません。

 

ゼロカットはトレードでマイナスになってしまった

口座のマイナス分について無かったことにしてくれる

制度で、おおくの海外fxブローカーで採用されている

制度です。

 

ですので、私は海外fxこそハイレバでトレードしないと

メリットが半減してしまうとさえ考えています。

海外fx 自動売買

海外fxでも問題なくEAによる自動売買が

可能です。

自動売買を上手く利用すればチャートに

張り付いていることなく、放置で

利益を上げることも可能になります。

 

ですので、その為にもその時にの相場に

合うアルゴリズムの選定が重要になってきます。

 

万能なアルゴリズムは存在しないので、定期的な

見直しが大切になってきます。

 

安定した利益が上がり始めるまでは、見直しが

必要となります。

 

自動売買の難しさは、この辺にあります。